梅田エリアに隣接する親しみやすい商店街

曽根崎お初天神通り商店街

 近松門左衛門作の人形浄瑠璃『曽根崎心中』の舞台になった露天神社。物語のヒロインの名前が「お初」だったことから、お初天神という呼び名が定着しました。

 本殿は戦災で焼失しましたが、終戦直後からその境内に飲食店が集まり始め、やがて30軒ほどの「お初天神食堂街」ができました。その後昭和30年(1955年)頃からは低いビルなどが建ち始め、商店街の形が整ってきます。昭和40年(1965年)代に入ると、北側の入り口にあった映画館が大手の演芸ホールになって、同商店街は参拝客とお笑いの観客で栄えました。

曽根崎お初天神通り商店街

 昭和28年(1953年)に商店街会が発足した際には「すずらん通り」という名称でしたが、昭和38年(1963年)には「曽根崎センター街」に。翌昭和39年(1964年)にはアーケードが完成し、昭和61年(1986年)にこのアーケードの大改修を機に同商店街の名称は「曽根崎お初天神通り商店街」になりました。

 最寄りの駅は大阪メトロ東梅田駅。北端は扇町通りから南端の露天神社まで、延長およそ300mの同商店街には約100店舗が営業中です。 もともと食堂街として出発していますので、同商店街は現在も飲食店舗が中心です。昼はランチ、夜はアルコールを提供する店やカラオケなど、リーズナブルに楽しめる親しみやすい商店街として人気を集めています。また、大阪でも中心といえるビジネス街・梅田に隣接するエリアなので、露天神社の参拝客以外にも大勢のビジネスパーソンでにぎわっています。

住所

〒530-0057 大阪市北区曾根崎2

Web

http://www.ohatendori.com/

SNS

インフォメーション

イベント
2022年07月01日
7/15(金)~7/16(土)「露天神社 例大祭(夏祭)」

この近くにある商店街

天神橋筋四番街商店街

天神橋筋四番街商店街

天神橋三丁目商店街

天神橋三丁目商店街

天神橋一丁目商店街

天神橋一丁目商店街

TOP