南蛮貿易で栄えた自治都市・堺、最も古い商店街

堺山之口商店街

 中世に南蛮貿易で栄え、自治都市として発展した堺。そんな堺のまちで、最も長い歴史を持つ商店街です。堺山之口連合商店街に沿うようにして、ゴトゴト走っているのが通称“チン電”。大阪府下で唯一残る路面電車です。最寄り駅は、阪堺電気軌道の大小路駅もしくは宿院駅。昔懐かしいチン電に揺られてのんびり訪ねれば、ノスタルジックな雰囲気を味わえます。

 このあたりは、「開口(あぐち)神社」の門前町として発展したエリア。開口神社は今も、地元で「大寺さん」と呼ばれ、親しまれています。

堺山之口商店街

 江戸時代には近くに、「大寺芝居」と呼ばれる芝居小屋ができ、飲食店や呉服店などが登場しました。人々が集まるにつれて店も増え、次第に商店街が形成されたのです。

 同商店街には、そんな歴史を思わせる呉服店や昔ながらの飲食店などが並ぶ他、カフェやギャラリーなどもオープンしています。印象的なのは、大きな鳥居。開口神社と商店街が直結していて、お買い物途中にお参りすることができます。

 近くには、茶の湯を大成した千利休の屋敷跡や、歌集『みだれ髪』で有名な与謝野晶子の生家跡もあり、二人の功績を紹介するミュージアム「さかい利晶の杜」では、展示や茶の湯体験が楽しめるなど、同商店街を起点に堺の歴史や伝統に触れられます。

住所

〒590-0954 堺市堺区大町東1

SNS

インフォメーション

イベント
2022年11月24日
11/25(金) ~12/5(月)「ビッグプレゼントセール」
イベント
2022年11月24日
11/27(日) ~1/15(日)「きらめきイルミネーションナイト in 堺山之口商店街」

商店街インタビュー

商店街の取り組みや力を入れていることは何ですか?

近年は空き店舗対策に力を入れています。当商店街と、まちづくり市民活動団体の「大小路界隈『夢』倶楽部」が一緒になって、これまでに空き店舗を活用してカフェや生涯学習の教室、子育て支援施設の設置などを行ったり、新たに商店を入れたりしてきました。それと同時に、大阪府立堺工科高校定時制と一緒に子どもの仕事体験イベント「ゆめ・チャレ」を開催したり、観光誘致を視野に入れたメディア発信なども行ってきました。

商店街がこれから取り組んでいきたいことは何ですか?

これまで空き店舗対策、多数のイベントを実施してきましたが、今後インバウンドが戻ってきたときのことを考えて、今は観光関係について、てこ入れを進めています。開口神社の狛犬を招き猫に見立てた商店街のマスコットキャラクターをつくり、オリジナルのキャラクター商品を開発しました。インターネット販売も考えてはいますが、まずは商店街に来てほしいので、ちゃんとお店に並べる予定です。メディア発信も引き続き行っていくつもりです。

お気に入りのスポットや一押しスポット、風景などがあれば教えてください。

門前町独特の雰囲気に心が引かれます。商店街の端から端まで、宿院頓宮、開口神社、天神さん(菅原神社)と神社が並ぶのですが、これがなかなか珍しくて、神社のさまざまな行事もあいまって多くの人を呼び寄せるのです。今後のインバウンド復活を考えると、ここを軸にして盛り上げていけそうです。商店街の生産者さんたちの工場で「ものづくり体験」もできますから、いろいろ組み合わせれば非常に魅力的なスポットになると思います。

読者に向けてのメッセージをお願いします。

これはまだ構想なのですが、この界隈をパビリオンが並ぶテーマパークのようなまちにしたいと考えています。名付けて「堺伝統リゾート計画」。例えば商店街の店舗で「ゆめ・チャレ」のような手づくり体験ができるといった、「体験」を重視したテーマパーク的な存在になれば、「来て、見て、体験できる」観光スポットになることができるでしょう。堺の観光資源と伝統産業をうまく活用できれば、それも夢ではないと思います。

関連特集記事

THE商店街自慢
2022年09月05日
明治期から続く時計店、体験メニューも提供/THE 商店街自慢 vol.19
注目!商店街特集
2022年09月01日
注目!商店街特集 vol.5
商店街でぷらっと旅気分
2022年07月28日
堺の伝統技術を見て体験するツアーはいかが?/商店街でぷらっと旅気分 vol.2

この近くにある商店街

堺東商店街連合会

堺東商店街連合会

堺駅前商店会

堺駅前商店会

TOP