明治の市場から紡がれた歴史ある商店街

三泉商店街

 JR・大阪メトロ大正駅の南西約300m、住宅街の真ん中にある三泉商店街は、大阪市内でも有数の歴史を誇る商店街です。明治44年(1911年)に有志によって設立された魚介・青物専門の問屋市場「三泉共同市場」を前身とし、以来地域密着型の商店街として地元の人びとの生活を支えてきました。

 同商店街は昭和32年(1957年)にアーケードを設置しました。日本で初めて商店街にアーケードが設置されたのが昭和26年(1951年)なので、当時は非常に珍しく、おおいに人びとの注目を集めたそうです。

三泉商店街

 そしてなんと、当時のアーケードがまだ現役を続けています。築年数ほど古さは感じさせず、今も買い物客を雨や陽射しから守ってくれています。

 全長約340mのアーケードの下には、うどん・そば店、鮮魚店、洋菓子店、和菓子店、電気店、化粧品店、衣料品店など、さまざまな店舗が並びます。「花金特価日」が開催される毎週金曜日、スタンプカードのポイントが2倍になる毎月第3水曜日は、特に多くの買い物客が訪れます。個人商店・老舗が多く、そういった昔ながらの風情を味わいに、一度訪れてみてはいかがでしょうか。

住所

〒551-0031 大阪市大正区泉尾1丁目

SNS

インフォメーション

イベント
2022年07月27日
8/11(木)~12日(金)「のきさきあるこ」

この近くにある商店街

泉尾商店街

泉尾商店街•泉尾中通商店街

TOP